【一問一答⑦】室町時代

  1. 後醍醐天皇の建武の新政に反対して兵を挙げ、京都に室町幕府を開いた人物は?
  2. 朝廷が京都と吉野に分かれて対立していた時代は?
  3. 地方の守護は国内の武士をまとめ、力を強めて何と呼ばれたか?
  4. 室町幕府の3代将軍で、南北朝を統一した人物は?
  5. 室町幕府の3代将軍が合い札をもたせておこなった貿易は?
  6. 合い札をもたせた貿易をおこなっていたころ、大陸沿岸を荒らしていた日本人の海賊は?
  7. 貿易に合い札を利用した理由は?
  8. 有力な守護が任命されていた将軍の補佐役となる役職は?
  9. 関東10か国を治めていた機関は?
  10. 李成桂が高麗を滅ぼして建てた国は?
  11. 沖縄で、中山の尚巴志が、北山・南山を滅ぼして建てた国は?
  12. 尚巴志が建てた国でさかんにおこなわれていた貿易は?
  13. 現在の北海道に古くから住んでいた人々は?
  14. 商人や手工業者が、営業の独占を目的とした同業者の組合は?
  15. 室町時代にはいり、開催日数の増加した定期市で使われていた貨幣は?
  16. 高利貸しを営んでいた金融業は?
  17. 港に倉庫をもち、物資の取りつぎなどをおこなっていた運送業者は?
  18. 物資の陸上輸送をおこなっていた運送業者は?
  19. 人の集まる自社の門前にできた町は?
  20. 寄合をおこなって村のおきてなどを決めていた自治組織は?
  21. 幕府に徳政令を要求したり、借金の帳消しを求めて土倉や酒屋をおそったりしたことを何という?
  22. 1428年に京都付近で起こった一揆は?
  23. 1467年に将軍のあとつぎ問題と守護大名の対立がきっかけとなり、京都で起こった11年におよぶ戦乱は?
  24. 1485年に京都の南部で、武士と農民が守護大名を追い出し、8年間自治をおこなった一揆は?
  25. 1488年に一向宗(浄土真宗)を信仰する武士や農民が守護大名をたおし、100年間自治をおこなった一揆は?
  26. 守護大名が成長したり、守護大名を倒したりして力をのばした大名は?
  27. 力をのばした大名が、城の周辺に家来や商工業者を集めてつくった町は?
  28. 力をのばした大名が、領国を治めるためにつくった、独自のきまりは?
  29. 身分の下の者が、実力で身分の上の者を倒す風潮は?
  30. 京都で自治をおこなった、裕福な商工業者は?
  31. 3代将軍の足利義満のころの、公家と武家の文化が融合した、華やかな文化は?
  32. 3代将軍の足利義満が、京都の北山に建てた建築物は?
  33. 8代将軍の足利義政のころの、禅宗の影響を受けた、わび・さびを重んじる質素な文化は?
  34. 8代将軍の足利義政が、京都の東山に建てた建築物は?
  35. 寺院の様式を取り入れた、畳やふすま・床の間のある建築様式は?
  36. 墨一色で描く水墨画を大成した人物は?
  37. 人々が集まって、和歌の上の句と下の句を交互によむものは?
  38. 田楽や猿楽をもとにした能(能楽)を大成した人物は?
  39. 能の合間に演じられた、民衆の生活や感情を表現した芝居は?
  40. 「一寸法師」などの絵入りの物語は?
タイトルとURLをコピーしました